オンライン部会開催のお知らせ

梅雨の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。新型コロナウイルス感染拡大に伴い、いまだ参集しての会合が難しい状況にある中、オンラインの環境が整っていない方には大変申し訳ないのですが、日本中小企業・ベンチャー ビジネスコンソーシアムではZoomを用いたオンラインでの部会開催を行うことといたしました。多くの会員の皆様のご参加をお待ちしております。

日時:2020年7月18日(土)13:00~16:30
会場:Zoomによるオンラインでの開催です(ウェビナー方式、明治大学内では行いません)
参加費:無料(懇親会は開催いたしません)
参加資格:今回は正規会員のみとさせて頂きます

【報告会プログラム】 *報告30分、質疑30分
12:50~ 入室可能

13:00~13:30 会長挨拶、理事会兼会員総会
 ①2019年度事業報告・会計報告(仮)
 ②2020年度事業計画・会計計画(仮)
  *正式な会員総会は、参集しての開催が可能となった際に、改めて行います。

13:30~14:30 徐玉琴氏(明治大学)
テーマ:「コロナ治療薬の開発から見た製薬会社のR&D活動と社会的責任」
概要:新型コロナウイルス感染症の影響が続く中、様々なプレーヤーが治療薬の研究開発に乗り出しているが、グローバルの大手製薬企業は治療薬の開発が遅れている。本報告では社会的責任という視点から製薬会社のR&D活動を検討する。

14:30~15:30 林幸治氏(大阪商業大学)
テーマ:「『新中小企業論』の概要と執筆者の募集」
概要:中小企業の概念を、その役割から再度見直そうという動きがでてきている。中小企業が直面する様々な課題について、コミュニティーやローカルな視点をベースに新たな切り口で論じる必要性について述べ、出版に向けた概要について報告する。

15:30~16:30  大坂良宏氏(石巻専修大学)
テーマ:「事業者支援の企画について(お願い)」
概要:中小企業の多くが存亡の危機に立たされています。新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、日本経済・地域経済を支えてきた中小企業は未曾有の厳しい状況にあります。現在は小売り・飲食・宿泊業ですが、今後は周辺業種に拡大し、長期的な不況が見込まれます。回復には多くの時間を費やすことを覚悟しなければなりません。そのとき我々の身近にある企業は事業を継続できているでしょうか。
 まずは会員の皆さんにお知恵を出していただき、日本中小企業ベンチャービジネスコンソーシアムとして、何ができるか、活動を展開していきたいと思います。
 「われわれは繋がっている!」です。小さな運動ではありますが、その積み重ねから打開策が見いだせればコンソーシアムの設立趣旨に叶うものと思われます。

【申込・参加方法】
①今回のご参加は、正規会員の皆様に限定させて頂きます。
②ID、パスワードは、既に正規会員の皆様にメールにてお伝えしております。メールが届いていない場合、お手数おかけし大変恐縮ですが、事務局までメールにてご連絡頂きたく存じます。
③当日までに、Zoomのインストールをお願いいたします。当日は、ニックネーム等ではなく、お名前を表示してご参加くだされば幸いです。何かトラブルがあった場合でも、当日はご対応できかねます点、ご容赦ください。